コンテンツ
JA概要
事業のご案内
広報誌
准組合員広報誌
 特産品レシピ
リンク集
お問い合わせ
くらしの活動掲示板
ディスクロージャー誌
JAネットローン
JAネットバンク
ネットバンクにおける取引のご注意!
発見!JAバンクのこと
金融円滑化に向けた取り組み
JAポイントサービス
組合員加入のご案内
出資証券の無証券化について
組合員資格確認のお願い
特別栽培米やましろの恵 ガイドライン表示
サイトマップ
定款
プライバシーポリシー
利益相反管理方針の概要
反社会的勢力基本方針
復興特別所得税の取扱い
苦情処理措置の概要(信用部)
苦情処理措置の概要(共済部)
行動計画
JAバンク相談所
トップページ

Globalsign SSL Site Seal
インターネット標準のSSL
(Secure Socket Layer)
により暗号化されます。

 
JA京都やましろの活動範囲は、京都府南部(山城地域)の12市町村です。
同地域は、宇治川、木津川が貫流するのどかな田園地帯で、穏やかな気候に恵まれ、
丘陵地には、「宇治茶」を生産する茶畑が広がっています。また、京都市、大阪市、奈良市などの消費地に近く、安全で安心な米と京野菜の生産地としても知られています。
■ 第6次中期3カ年計画(平成26年度〜平成28年度)取り組み方針
 当JAは、総合事業の機能と役割を十分に発揮し、食と農を基軸に地域に根差した協同組合として、次代の農業と安心して幸せに暮らせる地域社会の実現に取り組みます。
 また、組合員の世代交代に対応し、次世代をはじめ多様な組合員・地域住民が結集して、協同組合運動への参加をとおして、組合員の負託に応えていきます。
 これらの実践が「次代へつなぐ協同」であり、JAの10年後のめざす姿を踏まえ、平成26年度〜平成28年度の3カ年において、以下の基本方針に取り組みます。
◎JAがめざす10年後の姿
  • 消費者の信頼に応え、安全で安心な農産物を持続的・安定的に供給できる園芸産地を中心とした地域農業を確立し、農業所得の向上を支える姿。
  • 総合事業の強みを発揮した地域のライフラインとして、協同の力で豊かで暮らしやすい地域社会づくりに貢献し、JAが地域になくてはならない存在となっている姿。
  • 組合員・地域住民から信頼される安定したJA経営を行っている姿。
 JA管内の恵まれた立地条件を生かし都市近郊の園芸産地、また、ブランドである宇治茶を支える茶産地として、後継者の育成、新たな担い手の確保とその基盤となる農業生産振興をはかり持続可能な地域農業の実現に取り組みます。

 支店を地域の拠りどころとして、組合員・地域住民の多様なニーズに応えるため、総合事業を通じた「くらしの活動」を展開し、安心で豊かなくらしの実現に取り組みます。

 JAの総力を挙げて、組合員・組合員次世代および地域住民から満足が得られる事業を展開し事業拡大をめざします。

 組合員加入の促進と組合員の事業利用の拡大をはかるとともに、適切な経営管理とリスク管理によって、組合員に信頼される安定したJA経営に取り組みます。



▲JA京都やましろ本店

【名称】  
京都やましろ農業協同組合
(JA京都やましろ)
   
【本店所在地】  
〒610-0331
京都府京田辺市田辺鳥本1-2
 
   
【TEL/FAX】  
TEL:(0774) 62-1200
FAX:(0774) 62-8610
 
   
【代表理事組合長】  
十川 洋美  
   
【組合員数】
 
正組合員
10,236人
准組合員
19,854人
合       計
30,090人

【主な事業量】  
貯金高 2,977億2,582万円
貸出金残高 462億7,184万円
長期共済保有高 7,704億2,781万円
受託販売品取扱高 72億1,489万円
買取販売品販売高 2億8,052万円
購買品供給高 36億313万円

【役職員数】 
役員 38人 職員 428人
 (平成28年3月31日現在)

 
ボタンを押すと組織機構図が表示されます   ボタンを押すと一覧が表示されます
   
ボタンを押すと一覧が表示されます    

※地図上のマークをクリックすると店名が表示されます。

本店・支店マップ

※ポップアップウィンドウを「×」で閉じられた方はブラウザーをリロードしてください。
▲ページTOPへ

Copyright(C) 2006- JA Kyoto Yamashiro.All Rights Reserved.